イタチの特徴について知る|害獣や害虫の退治方法

ドブネズミの恐ろしい被害

ネズミ

ドブネズミやクマネズミというのは、ねずみ駆除対象となる害獣です。それらは日本全国の都市部や住宅街に多く出没し、ケーブルやガス管、建材等の破損被害や媒介する病原菌や寄生虫による衛生被害を発生させます。衛生面で見て、ドブネズミは特に問題のある害獣と言えるでしょう。ドブネズミは下水で生活することが多いため、媒介する病原菌や寄生虫というのは多岐に渡るのです。また、食性も肉食性近い雑食とされており、性格も獰猛です。そのため、噛み付いてくることも多々あります。噛みつかれるとドブネズミが媒介している病原菌に感染してしまう可能性が高くなり、非常に危険です。そのため、個人でねずみ駆除を行なおうとするのではなく、ねずみ駆除業者へ依頼してそれを行なってもらいましょう。
ドブネズミは賢いねずみでもあり、自身より弱い存在に対しては大胆な行動を取ります。例えば、体の弱い赤ん坊や老人等、そういった人しかいない部屋の中に出没した際には、何の警戒もすることなく室内を散策したりするのです。最悪の場合、赤ん坊や老人に噛みつくこともあります。アメリカでは、それによる死亡事故等も発生しているのです。そのため、小さいお子さんのいる家庭や高齢となった親の介護を行なっている家庭においてドブネズミが発生した際には、すぐにねずみ駆除業者に連絡し退治してもらう必要があります。また、そういった被害に遭遇しなかったとしても、ケーブルやガス管を齧り切られてしまった際には生活に支障が出る他、大きな事故に繋がる可能性もあります。