イタチの特徴について知る|害獣や害虫の退治方法

オオスズメバチの脅威

はち

ハチというのは、集団で生活する毒針を持った危険な害虫です。日本国内において被害を発生させているハチというのは、ミツバチ・アシナガバチ・スズメバチの三種だと言われています。ミツバチやアシナガバチは比較的攻撃性の低いハチですが、巣に近づいたり刺激したりしてしまうと攻撃されます。スズメバチに関しては、それら二種のハチに比べ多くの被害を発生させているのです。その攻撃性は非常に高く、毒性もミツバチやアシナガバチに比べ強いものとなっています。スズメバチと一概にいっても、キイロスズメバチやオオスズメバチ等様々な種類が存在します。特にオオスズメバチは日本国内にいるハチの中で最も大きく、最も攻撃性・毒性の強いハチです。
オオスズメバチの巣は人間の生活圏内に作られることも多々あり、毎年数多くの被害が発生しています。死亡事例も年間30名から50名出ていると言われており、その数字から非常に危険なハチであることを容易に想像することができるはずです。オオスズメバチの巣を発見した際には、すぐに専門の駆除業者に連絡して退治してもらう必要があります。専門の駆除業者に退治を依頼する場合、時期によって退治に掛かる費用が変動します。春から初夏に掛けての退治依頼であれば2万円前後の費用が相場とされており、夏から秋口に掛けては2万5千前後の費用が相場と言われているのです。夏から秋口に掛けての退治費用が割高になってしまう理由としては、オオスズメバチの習性が関係してきます。オオスズメバチを含む全てのハチは、秋口に近づくと繁殖期に入り攻撃性がピークに達するのです。攻撃性がピークに達すると、退治を行う際に発生するリスクも高いものとなるでしょう。そのため、費用が割高になってしまうのです。